< 指揮者・ピアニスト >

                               指揮者 辻端 幹彦 先生  

  

  福井大学教育学部音楽科卒業。 指揮法を故辻正行、故佐々金治、F.ブルッカー、声楽を辻秀幸、故E.ヘフリガー氏に師事。 2000年、岡村喬生プロデュース「魔笛」タミーノで好評を博す。 飯守泰次郎、秋山和慶、松尾洋子、外山雄三、四戸世紀、他各氏と共演。 「カルメン」「トスカ」「夕鶴」等のオペラで主演をつとめる他、「ラフマニノフ・晩祷」「第九」「メサイヤ」、モーツァルト・バッハ等のソロでも好評を博す。

 

  2010 年、ウィーンコンセルヴァトリウムにて研鑽を積む。 同年、シューベルトブント演奏会に招かれ、生家博物館で指揮を執る。2012年5月、初リサイタルを行う。

  

  現在、8団体の合唱指導に関わる。川崎市民オペラ会員、東京トロイカ合唱団員、プロ声楽アンサンブル「東京モーツァルト連」代表。

 

                                           

 

                ピアニスト   二瓶 充 先生

 

 国立音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業。 同大学院(ピアノ)終了。三輪房子、

 小林道夫、ダン・タイ・ソンの各氏に師事。現在、独奏・伴奏・アンサンブル等

 演奏活動を行っている。

 

   

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから